2011年06月26日

MNPの落とし穴

携帯を変える決心をしました。

「携帯電話なんて電話が出来れば」と思っていましたが、スマホの波には勝てません。

仕事柄スマホを知らないというわけにもいきませんし。。。

で、どこのスマホにしようかと悩みに悩んで、結局auにすることにしました。

今はdocomoですから、MNPってやつですね。


まずdocomoの契約を解除する前に、契約の変更が必要だと判明。

それは、今の電話番号が「ファミリー割引」の主回線だから。

ます、「ファミリー割引」の主回線を別の電話にしないと、今溜まっているドコモのポイントが0(ゼロ)になってしまうとのこと。

ポイントは家族が次の携帯を買うときの大事な頭金。

なので、まずは「ファミリー割引」の主回線契約を変更するためにドコモショップへ。

で、他社にMNPで移動するので・・・と来店の理由を説明。

その場で簡単に済むかと思いきや、新たな主回線電話番号で銀行引き落としの契約を再度結ばなくてはならないとのこと。え〜っ面倒くさい!!

引落口座の届印なんて持って行ってないから、結局申し込み用紙をもらってくることに。


その手続きの中で、あるサービスの解約金支払いが発生するという事実が判明!

そのサービスは「ファミ割MAX50」というサービス。

解約金が発生するなんて、携帯代金を24回払いにしたときに、その期間内で解約したときには解約金が発生するのは知っていたけど、「ファミ割MAX50」???

だって今の携帯に買い換えたのは2008年の夏。そう3年前。

そんな解約金なんて何のこっちゃ?という感じ。しかも9,975円!!高っ!!

どうやらファミ割MAX50は2年単位の契約で、自動更新。

つまり、この解約金を払わないで済むタイミングは、買って2年後、4年後・・・となるわけ。

大体、携帯代金を2年間(24回)で支払う人が多いだろうから、支払い終わった時のタイミングを逃すと、また2年間の縛りがファミ割MAX50では発生するということ。

買って2年後というのは、ようやく2年間の携帯代金の支払いが終わって月々の料金が下がるタイミング。

その時に欲しい携帯があるならともかく、今の携帯がそのまま使えるようなら、気に入った携帯が出るまで安くなった料金で使おうと思うのは普通でしょ!?

またdocomoで機種変更するならこの問題は発生しない。MNPだから解約金がかかる。

無知と言われればそれまでなのだが・・・なんか他社に移動するにはお金がかかる仕組みなんだと実感した。

他にもdocomo側の事務手数料で2,000円、auの事務手数料で3,000円。

合計15,000円もかかることがわかった。

んっ?そういえばMNPの人は携帯機種代金15,000円引きだった?



上越市でホームページ制作ならマコトスタイル
posted by makoto at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。