2010年07月27日

北陸新幹線・上越駅(仮称)はどうなる?

開通が目の前に迫っている北陸新幹線。
しかし、上越駅(仮称)の正式名称すら決まっていません。
色々な案が出ているようですが、どうなるのだろう?

いっそのこと市名と共に、市民から多く公募し決めてはどうだろう。
大体、「上越市」という名に愛着をもっている市民はたくさんいるのだろうか?
旧高田、旧直江津の人たちは、高田、直江津の名の方に愛着があるのではないか?

上越の語源は「上越後」らしい。
そもそも上越後って言葉自体あったのだろうか?
じゃあ、新潟市は下越後!?長岡は中越後!?
こう考えると、そもそも上越という市名が違うのではないかと思ってしまうのは私だけでしょうか。

私の個人的意見としては新駅の名前は「越後高田」に一票です。
いっそのこと市名も越後高田市にしてもいいと思います。

さて、北陸新幹線といえば上越駅には全列車停車しないと言われています。
新潟県としては抵抗しているようですが、新幹線ホームの作りが通過を前提とした作りになっているそうで・・・なに今更言ってるんだって感じです。

設計段階で決まっていた話ではないのでしょうか?
全列車停止と思っていたのは、一般市民だけのような気がします。
県、役人は最初からそのつもりだったのでは!?

まあ、金沢方面の利便性を考えると、「上越どころか長野もすっ飛ばして、一気に東京へ」というのもわからないではないのですが、まあ朝晩一本ぐらいにして欲しいものです。

そうではなく、各駅停車しか止まらない駅になるようなら上越駅はいらないとまで思います。

新幹線開通が目標ではなく、それによる企業誘致や観光客の呼び込みがなくては、新幹線開通の意味がありません。
各駅停車しか停まらない駅では期待できません。
上越駅開業と共に、3セクになる信越線の廃業は時間の問題です。

各駅停車の駅になってしまうことは、上越の交通網をガタガタにしてしまいそうです。

極論ですが、いっそのこと北陸新幹線は新潟県に停車駅を作ることをやめてしまい、北陸新幹線の工事費負担を大幅に減額。その後は昔の関所みたいに通過料を徴収するという案はどうでしょうか(笑)?

そして、高田駅を大きくして、ほくほく線を引き込み、高田駅からほくほく線経由で東京へ。そうすればほくほく線も信越線も生きてきます。

高田に住む私としては、もし各駅停車新幹線になってしまったら、高田駅から信越線(?)で上越駅へ、各駅停車の新幹線に乗り長野駅下車、そこで新幹線を乗り換え東京へ・・・これじゃあ面倒すぎます。
それなら、高田駅からほくほく線で越後湯沢に、そこで乗り換えて東京に行ったほうが早そうです。

こんなことにならないように、上越駅は全列車停車に近い状態になって欲しいと思います。


上越市でホームページ作成業者をお探しならマコトスタイルにご相談下さい。


posted by makoto at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。