2010年07月28日

YAHOO!JAPANとGoogleが提携!?

検索エンジン業界に激震です!!

米ヤフーとマイクロソフトが提携したことで、今年中には日本のヤフーの検索エンジンも現状のYSTからbing(ビング)に移行すると思われていましたが、bingの日本語への対応が遅れているとの理由でGoogleと提携することが発表されました!!

現在、日本の検索エンジン市場は、Y(ヤフー)60%・G(グーグル)40%ともY70%・G30%とも言われています。
実際に複数サイトのアクセス解析を調査すると、Y80%・G20%くらいの割合のサイトもあります。

いずれにせよ、日本ではヤフーのシェアが圧倒的のようです。

つまり、必然的にヤフー向けのSEO対策が重視される傾向にありました。

それが、今後はグーグルと提携することでグーグル向けのSEO対策の重要度が増す可能性が高いです。

機能のほとんどをフリーで提供しているグーグルと違い、ヤフーの多くのサービスは有料です。
特にヤフーディレクトリに登録するビジネスエクスプレスは、ヤフーの検索結果に大きな影響を与えていると考えられています(他にも色々と・・・)。

それが今回の提携でどうなるのか?
発表によると、提携後もヤフーの検索結果と、グーグルの検索結果には一部違いが出るということのようなので、グーグルの検索結果にヤフー独自のポイントをプラスして順位付けをするというところでしょうか?

スポンサードサーチやアドセンスといったPPC広告もどうなるのか気になります。

しばらくは、ヤフーとグーグルから目が離せません。


上越市でホームページ作成業者をお探しならマコトスタイルにご相談下さい。


posted by makoto at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。